2009年01月17日

IPA、暗号アルゴリズム確認制度を追加

IPA、暗号アルゴリズム確認制度を追加、だそうです
JCMVP っていうと前にサイドチャネル攻撃の評価ボードの
SASEBO のこと聞いたとき始めて聞いたんですが
"Japan Cryptographic Module Validation Program" の略で
暗号の実装がちゃんとされてるかとかの認証しようって制度でした
フツーはソフトが取るみたいですが SASEBO はハード実装で始めてだった、と

JCMVP が今までしてた色々な審査のうちの 1 つである
暗号アルゴリズムの実装部分の審査だけ取り出して
独立して認証するようになったのだそうです

暗号アルゴリズムの実装部分ってのは自動で確認できるようで
1 週間で済むとか書いてありました
他の部分は鍵の管理方法とか人が入るから時間も費用もかかるけど
実装は自動で短期間でできちゃうし大切な部分だから独立させた
ってことかな?

とあるシステムの暗号部分って感じではなくて
単純な暗号用ソフトウェアでも取れるということなのかなぁ
例えば OpenSSL とか?
Java とか GnuTLS とかも??
posted by OJH at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。