2009年01月03日

RFC 5280 の 4.1.2.7. Subject Public Key Info

証明書は公開鍵証明書なわけで、遂に公開鍵がやってきました
subjectPublicKeyInfo には
   SubjectPublicKeyInfo  ::=  SEQUENCE  {
        algorithm            AlgorithmIdentifier,
        subjectPublicKey     BIT STRING  }

   AlgorithmIdentifier  ::=  SEQUENCE  {
        algorithm               OBJECT IDENTIFIER,
        parameters              ANY DEFINED BY algorithm OPTIONAL  }
が入っています

証明書の三大要素の 2 つ目が signatureAlgorithm でしたが
ここで AlgorithmIdentifier を見ました
アルゴリズムやエンコードの仕方を指す OID は
RFC 3279, RFC 4055, RFC 4491 なんかを見れば良いのでした

例えばアルゴリズムと OID は
rsaEncryption -> 1.2.840.113549.1.1.1
dsa -> 1.2.840.10040.4.1
dhpublicnumber -> 1.2.840.10046.2.1
なんてのがあります
posted by OJH at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 注疏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。